にこにこ通り

アクセスカウンタ

zoom RSS 頼りにされる

<<   作成日時 : 2013/10/29 20:59   >>

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 8

去る10月23日に 長男夫婦が新婚旅行から帰ってきました

出発の17日の朝6時に息子夫婦を 車で駅まで送って行きました

その時の朝日が綺麗だったので 車を止めて撮りました

自宅からは 夕日は望めても 朝日は 拝めないので とても感動しました

画像






息子夫婦とは 新婚時期を別に暮らしたいという希望で 

4月の結婚式以来 離れて暮らしています

車で5分くらいの所の アパートで暮らしています

家賃がいるし 私の時代(30年前)だと許されない話ですが 今どきですね

近所を見渡せば 20年ほど前から 親と同居する人が珍しくなってきた時代に

変わってきました

今どきが いつまで続くのかわかりませんが 親元から離れて生活するという経験から

得るものもあるかなと思うのですが・・・




一週間のバリ島旅行の お土産を 持ってきてくれました

画像






海外旅行が初めての長男のお土産話は 絶え間なく続きました

ジャコウネココーヒーを飲みながら 聞きました

嬉しそうにしゃべる長男の姿を微笑ましいと

主人も私と同じ気持ちで聞いていたようでした

実は先月の台風18号の影響で 一か月延期になっての出発でした

土砂崩れによる国道の通行止めとJRの運休が理由で 

キャンセル料無しで旅行社が延期を計らって下さいました

今回もまた 台風とけちあうかなと心配しましたが 

運よく25号が去った翌日に出発して 台風26号が来るまで帰ってきました

旅行先では言葉が通じなかったりで アクシデントもあったようですが

楽しい旅になったと喜んでいます

行ってきて良かったと言っていました




台風が接近する最中 我が家も大騒動でした

重なるものですね

夜中に娘の子(孫)が緊急入院するという事態が起きて

台風18号の夜中と25号の夜中に風の吹く中 2回 病院に駆け込んで連れて行きました 

風邪の症状で 昼中に外来で受診した時は 機嫌良くしていたのですが

夜中に悪化して急性喉頭炎(クループ)を起こして入院になりました

朝まで待たずに病院に連れて行った娘の判断は正しかったです

いずれも一週間の治療で退院して元気に帰ってきました

子供って昼間は 元気でも 急に悪くなるこが多々ありますから 

母親の観察は 大事ですね

孫が入院している間はもちろん娘は 付きっ切りで看病です

上の孫の悠翔を預かることになって 悠翔との生活が始まりました


半年ぶりに 悠翔を 連れてハウスに 行く日課が 続きました

画像


張り切って お手伝いをしてくれます

しっかり 金魚草を運んでくれます

ハウスに連れてきてもらえたと大喜びで ハウスの中を走るは走るで

大はしゃぎです

灌水のシャワーのホースで ずぶ濡れです

顔で笑って 口で叱ることが多くなったこの頃ですが

孫が大きくなった証拠ですね

孫を預かると花の仕事が スローペースになりますが 

孫を見ていると 私が笑顔で いっぱいになります

その笑顔が 活力になって また頑張れます


孫のお守りを頼まれるのは私がこうして 元気でいるから できるんです

頼りにされるって幸せだなあて思います




小児科病棟への見舞いは 15歳以下は 家族でも入れない規則なので

悠翔は 家で私とお留守番です

私 ハウスでお手伝いをする悠翔の写真や動画を付き添いをしている娘に送りました

娘がわが子の付き添いをするのは 当たり前ですが 

赤ちゃんと一緒の小さなベットに足を曲げて寝るのも しんどいでしょう

病室の中にずっとこもり切りだと しんどいでしょう

娘は きっと私が送った写真を見て笑っていただろうと思います

娘が 私の携帯に写真を送って くれました

孫と一緒に 頑張る娘の気持ちが伝わってきます

孫を心配する私の気持ちが ずいぶんと和らぎました



画像



母は強し 頑張れ!!



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
かわいい

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
息子さん、ご結婚されたんですね。
おめでとうございます。

お孫さんの病気で皆さんご心配された
でしょうが、どうやら危機を脱することが
できたようで安心しました。

お兄ちゃん、きっと子どもながら自分にできる
精一杯のことをしてくれているんですね。
おばあちゃんのこと、大好きだと思います(*^-^*)

プチ・ミニ
2013/10/29 22:33
おはよう。
息子さんのご結婚おめでとうございます。
絶え間なく続くお土産話を聞かれていたにこにこさんご夫婦のにこやかな顔が想像できます
子供の幸せってイコール親の幸せでもありますから
娘さんのお子さんの入院には心を痛めたことでしょうね、それでも悠翔くんの腕白で元気な姿には気持も癒されて楽しいひと時を過されたのでしょう
子供は親の宝ですから・・・娘さんからの写真がそれを物語っているようです。。。

きょんたん
2013/10/30 06:07
プチ・ミニさんへ

台風の通過に合わせたかのように孫がケロリと元気になって安心しました。
同じことがあっては困りますが、これからは、夜中でも、携帯を、枕元に置いて
娘のSOSに即対処できるように備えたいと思います。
上の孫、お手伝いをしてくれたことを褒めてあげると、喜んでいろいろなことに興味を示してやってくれます。冷や冷やする時もありますが、だいぶんとこちらの注意も理解できるようになりました。子供の成長って早いですね。
下の子が生まれたことも影響してか、
孫が「ばあちゃん〜おんぶして〜抱っこして〜」ってせがむと、可愛いです。

にこにこ通り
2013/10/30 16:26
きょんたんさんへ

長男が結婚して、ホットして、次は次男の番ですが、まだまだその気配はなさそうです。
子供たちが笑顔で暮らせていることが何より親孝行だと思います。
長男が嬉しそうに次から次へと土産話をしてくれて、いいひと時を過ごせました。
思い切って旅行を、計画してくれた長男の嫁に感謝しています。
嫁にお礼を言ったら喜んでいました。
娘からの写真を見たとき、ぞくぞくと、感激しました。
子供が入院するということの経験のない私にとって、精神的に大変だろうと想像していましたので、この写真を見たとき、娘なりに親の務めをやっているのだと思いました。
にこにこ通り
2013/10/30 16:38
大変でしたね〜−−; 孫ちゃんの突然の病気も良くなって良かったですね
我が家も長男が仕事の都合で家を出て 先月そうそうにアパート暮らしとなりました
主人と二人 妙〜な新婚気分??? いや ーー; 違いますね 介護する同居人達?
げほげほと風邪を引いた主人を昨日から 心配しつつ眺めては ああ介護?が始まったらと思うこの頃です(笑)
さておいて 長男が出て すっかり身軽になったこの時間を 少し自分の為に使ってもよいのかしらと気が付き始めました 静かだし 本も読める
お弁当も一個減ったし そう考えると結構楽しくなれるかも
心配するのはやめて 思いを時々届けるくらいにしておいて 
何かあったら飛んで行ってあげようとか今はそんなふうに考えています
がーでんベル
2013/11/01 00:30
がーでんベルさんへ

子供の病気は急変するので、観察が大事ですね。
孫の病気の台風一過を経験しました。
そちらも息子さんと離れての生活が始まったようで、日課が変わっていきますね。
お弁当の数も減ったのですね。お疲れ様でした。
私も、次男が社員食堂を利用するようになって、お弁当の必要がなくなりました。
ご主人を介護する同居人とは表現が面白いです。なるほど・・
義母と義父の介護の任務?が終わったところですので、夫婦お互いにあと20年は元気でいたいなあなんて・・年は若くても私の方が厄介なのかもしれませんが。
がーでんベルさんは毎日ご多忙の中で超働き者だと、いつも感心しています。
自分のために自分を磨いて何かをしようと思われることも、感心します。
そして息子さんを、見守る姿にも、教えられます。
にこにこ通り
2013/11/01 21:57
にこにこ通りさんへ
朝日のお写真 綺麗です 近江富士もくっきりと写っていますね
長い間ブログがお休みで どうされたのかな?と
気になっていました
いい事や辛いことがたくさんあったようですね
まずは 長男さんが新婚旅行から無事ご帰宅されて
ホッと一安心ですね
にこにこさん地方と うちとは似たような環境で
こちらでも同居は最近少なくなりました
お孫さんの入院 辛かったですね
おばあちゃんに悠翔君をみて貰って
お嬢さんも心強かったでしょう
病院で頑張るお嬢さんの気持ちが手を繋ぐ写真に
表れていますね
にこにこさんも お疲れがでませんように。
suu
2013/11/04 08:19
suuさんへ

いつも、気にかけていただきありがとうございます。
ハウスの仕事も次期作付の準備などで、バタバタとして、夜は、バタンキュウと寝床に入る日課でした。その間に孫が病気になったりで、孫と一緒に寝るのが9時でしたから、パソコンから遠ざかっていました。
息子夫婦が無事に帰ってきて安心しました。
毎朝、息子はうちに通って?家業の仕事をして昼食を食べて夕方アパートに帰って(戻って??)行きます。たぶんですが、子供が出来たら、同居になるような気がします。なんともわかりませんが。
手を繋ぐ写真を、見たときは、私、涙ぐみました。
母乳ですので、娘と交代してやることができないので、娘に頑張りやのエールを心に願うだけでした。
ただ泣いている赤ちゃんの次男のことも、心配していましたので、この写真で安心しました。
母親って子供こと、取り越し苦労とわかっていても、心配します。
心配の後は安心して、いろんな出来事を通して、私も強くなっていると思うのですが・・大変なこともありますが、子供からあれもこれもと幸せをもらえているんだと思えるようになりました。病気をしてからかな、感謝の気持ちが強くなりました。
ブログからsuuさんのお嬢さんへの愛情を暖かく微笑ましく共感させていただいています。
にこにこ通り
2013/11/04 19:51

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
頼りにされる にこにこ通り/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる